コンテンツにスキップ

やらかしたとき

ユーザー設定前にcommitした

メッセージ出るのでその通りすればいい

$ git config --global user.name "Your Name"
$ git config --global user.email you@example.com
$ git commit --amend --reset-author

※ これは最初の1回のみ(--amendによる直前のコミットのみ修正)

複数のcommitがある場合は一括変更も可能。
※ 条件設定しない場合、(forkなどしてきた)他ユーザーのコミットも書き換えるので注意

GitのCommitユーザを修正する方法 - Qiita

ブランチに移動する前に編集してしまった(未コミット状態)

stash saveで変更を退避 -> ブランチに移動 -> stash popで退避した変更点を取り出す

$ git stash save
$ git checkout <branch-name>
$ git stash pop

--amendを忘れてcommit

未コミットの変更でなく、コミット済みAとBをまとめるにはgit rebaseを使う

過去のコミットに対する打ち消しコミット

コミットログ上は「過去コミット」「打ち消しコミット」が残るもの

$ git revert <取り消したいコミットID>

対象コミット後に変更があったりするとコンフリクトになるので、手動で修正し、add,commitする。

コミットログの変更

直近のコミットのコミットログ変更

$ git commit --amend

2つ以上前のコミットのコミットログを変更

3つ前の場合は

$ git rebase -i HEAD~3

これでエディタが起動してどのコミットを変更するかの選択になるので、対象の行頭のpickeditに変更して:wqする。
この状態で

$ git commit --amend

を実行すると、edit対象のコミットログに対しての再コミットとなるので、コミットログを修正する。
修正したら

$ git rebase --continue

対象が複数ある場合は次のコミットログをgit commit --amendしてgit rebase --continueを件数分繰り返し。

最後のrebase --continueを実行すると完了する。

コミットの取り消し

間違えてコミットした時点で「あ」と思ったら

git reset --soft HEAD^

git commitする前、git addした後の状態に戻す

git reset --mixed HEAD^

git addする前、編集済みの状態に戻す

git reset --hard HEAD^

編集前、直前のgit commit完了時点に戻す (対象ファイルを間違えたとかコミットを間違えただけで編集内容は正しい場合はこれやると事故る)

resetの取り消し

$ git reflog

これでresetを含むgitの操作履歴が表示される。 「このコミットの状態に戻したい」のHEAD番号を探して

$ git reset --mixed  HEAD@{8}

など実行する。 --mixed--softについては、最初にresetしたときと同じのを指定すればよいかな? (未確認)

$ git reflog 
de41fb8 (HEAD -> linux) HEAD@{0}: reset: moving to HEAD@{7}
7379519 HEAD@{1}: reset: moving to HEAD@{5}
de41fb8 (HEAD -> linux) HEAD@{2}: reset: moving to HEAD@{5}
de41fb8 (HEAD -> linux) HEAD@{3}: reset: moving to HEAD@{4}
22364c9 HEAD@{4}: reset: moving to HEAD^
de41fb8 (HEAD -> linux) HEAD@{5}: reset: moving to HEAD^
7379519 HEAD@{6}: reset: moving to HEAD
7379519 HEAD@{7}: ....
de41fb8 (HEAD -> linux) HEAD@{8}: ....

これでHEAD@{8}resetすれば、de41fb8をコミットした状態になる。

取り消し

ローカルの変更(未add、未commit)を破棄

$ git checkout /path/to/file

ファイルシステムから削除したファイルをリポジトリから復旧したい場合も、削除したファイルのパスを指定すればOK
古いバージョンでないGitであれば、これからはrestoreを使おう。

$ git restore /path/to/file

addの取り消し

$ git reset HEAD <path>

ただし、git init直後の場合はこの操作は不可。
git rm --cachedでバージョン管理から外す操作を行う。

$ git rm --cached <filename>
$ git rm --cached -r <dirname>

mvの取り消し

$ git mv foo bar

した状態で、無かったことにするには

$ git reset HEAD foo
$ git reset HEAD bar

の両方を実行する。

git mvによって、barが作成され、fooは削除対象になってるので、それぞれreset HEADで元に戻す(barは削除してfoodeleteをキャンセル)

memo

$ git reset --hard HEAD /path/to/file
fatal: Cannot do hard reset with paths.

mergeの取り消し(conflict)

mergeしようとしたらconflictしてしまい、競合を解消するよりマージ元を改修してマージしなおしたほうが早いような場合。
マージを取り消すには

$ git merge --abort