コンテンツにスキップ

設定

Ansible Configuration Settings — Ansible Documentation

設定ファイル優先順位

  1. ANSIBLE_CONFIG 環境変数
  2. ansible.cfg (カレントディレクトリ)
  3. ~/.ansible.cfg
  4. /etc/ansible/ansible.cfg

設定ファイル書式

ansible.cfgサンプル

[defaults]
stdout_callback = yaml

設定キー

接続ユーザー名

設定場所 設定名
コマンドラインオプション -u (--user)
変数 ansible_user

SSH秘密鍵

設定場所 設定名
コマンドラインオプション --private-key
環境変数 ANSIBLE_PRIVATE_KEY_FILE
変数 ansible_private_key_file

Pythonインタプリタパス

設定場所 設定キー
ansible.cfg interpreter_python ([defaults]section)
環境変数 ANSIBLE_PYTHON_INTERPRETER
変数 ansible_python_interpreter

コールバックプラグイン

設定場所 設定キー
ansible.cfg stdout_callback ([defaults]section)
環境変数 ANSIBLE_STDOUT_CALLBACK

コレクションパス(2.10~)

設定場所 設定キー
ansible.cfg collections_path ([defaults]section)
環境変数 ANSIBLE_COLLECTIONS_PATH

コレクションパス(旧)

設定場所 設定キー
ansible.cfg collections_paths ([defaults]section)
環境変数 ANSIBLE_COLLECTIONS_PATHS

実行後にAnsiballZファイルを消さない

設定場所 設定キー
環境変数 ANSIBLE_KEEP_REMOTE_FILES

ANSIBLE_KEEP_REMOTE_FILES=trueをセットして実行する

$ ANSIBLE_KEEP_REMOTE_FILES=true ansible-playbook -i inventory.ini playbook.yml -v ...

これでターゲットノード上のスクリプトファイルが残る。 基本的に消えないので手動で消す必要あり。
ターゲットノードのどこに転送されるかは、-vvvくらいまでverboseレベルを上げておけば実行時に表示される。