コンテンツにスキップ

VS Code

拡張

設定

自動同期設定してるから個別に設定することなくなった…けど、クローズドなPCの設定用に。

item value description
files.autoSave afterDelay 自動保存
files.autoGuessEncoding true ファイルを開くときのエンコードを自動判別
editor.mouseWheelZoom true Ctrl+wheelでフォントサイズ変更
editor.renderWhitespace all スペースやtabの可視化
files.insertFinalNewline true ファイル末尾に改行を付ける
    "files.insertFinalNewline": true,
    "files.autoGuessEncoding": true,
    "editor.renderControlCharacters": true,
    "editor.renderWhitespace": "all",
    "files.autoSave": "afterDelay",

    "editor.suggestSelection": "first",

    "editor.wordSeparators": "`~!@#$%^&*()-=+[{]}\\|;:'\",.<>/?、。 「」『』【】()",

    "vsintellicode.modify.editor.suggestSelection": "automaticallyOverrodeDefaultValue",
    "window.zoomLevel": 0,
    "editor.mouseWheelZoom": true,

    "terminal.integrated.scrollback": 100000,

    "markdownlint.config": {
        "MD025": false,              // 見出しlevel1は文書中に一つ:off
        "MD007": { "indent": 4 },    // リストのインデント量
        "MD040": false,              // コードブロックの言語指定
    },

    "files.watcherExclude": {
        "**/venv*/**": true,
        "**/env*/**": true,
    },

ショートカット

※ windows前提

エディタ

操作 キー
分割したウインドウでウインドウ間カーソル移動 Ctrl + k , Ctrl + 移動先画面の方向のカーソルキー
開いたファイルを分割した別のウインドウで開きたい Ctrl + Alt + 左右キーで隣のウインドウに移動

エクスプローラ

操作 キー
エクスプローラで開く Shift + Alt + R

ターミナル操作

操作 キー
ターミナルの表示/非表示 Ctrl + @
ターミナルを開いたままエディタにフォーカス移動 Ctrl + 1 (正確にはエディタグループ1に移動)
新しいターミナルの作成 Ctrl + Shift + @
左右2分割したターミナルで左右にフォーカスを行き来する Alt + ← or Alt + →
ターミナルペインの最大化 ショートカット無し / コマンドパレットでView: Toggle Maxmized Panel

キーバインド設定

ターミナルのキーバインド

// 既定値を上書きするには、このファイル内にキー バインドを挿入します
[
    {
        "key": "ctrl+a",
        "command": "cursorHome",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+e",
        "command": "cursorEnd",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+p",
        "command": "cursorUp",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+n",
        "command": "cursorDown",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+f",
        "command": "cursorRight",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+b",
        "command": "cursorLeft",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+alt+right",
        "command": "workbench.action.terminal.focusNext",
        "when": "terminalFocus"
    },
    {
        "key": "ctrl+alt+left",
        "command": "workbench.action.terminal.focusPrevious",
        "when": "terminalFocus"
    },
]

terminalでCtrl-kが次コマンド待ちになってしまう場合は以下も追加

{
  "key": "ctrl+k",
  "command": "deleteAllRight",
  "when": "terminalFocus"
}

diff

コマンドラインオプション

$ code -d <file1> <file2>

アクティブなファイルとopen済みファイル

コマンドパレットでFile: Compare Active File with...を選択し、比較対象を選択する。

Remote SSH

git cloneの認証

通常だと認証のプロンプトが表示される操作でこのようになる場合、

Missing or invalid credentials.
Error: connect ECONNREFUSED /run/user/1000/vscode-git-fce9cdb56d.sock
    at PipeConnectWrap.afterConnect [as oncomplete] (net.js:1146:16) {
  errno: -111,
  code: 'ECONNREFUSED',
  syscall: 'connect',
  address: '/run/user/1000/vscode-git-fce9cdb56d.sock'
}
Missing or invalid credentials.

アクセスしてるリモート環境へ、GitLensを入れてReload WindowすればVS Codeの画面で認証プロンプトが表示されてアカウント設定できた。

Remote Container

ubuntu / focal

起動後の環境

git

初めからあるのでgit cloneはすぐできる。

鍵設定

作るか持ってくる。
~/.ssh/configも設定。